印刷用の大型機械

手間の掛かる作業を楽にしてくれる印刷検査装置

紙をめくる

仕上がった印刷物を世に出す前には、ミスプリントなどがないか入念にチェックしなければなりません。枚数によっては人力で行う事も可能かもしれませんが、そうなるとかなり大変で細かい作業になることは明らかです。それだけでなく、作業を行う人員も用意しなければなりません。印刷物の確認作業には印刷検査装置を使用すれば作業の手間も人件費も削減できます。最新の印刷検査装置は、どれも高い機能を持っておりどんな小さなミスも見逃さず、瞬時に仕分けてくれますし、大量の印刷物のチェックも驚くほどスピーディーにこなせます。印刷物と一口に言ってもその素材などは実にさまざまでしょう。中にはダンボールのように厚手のものに印刷されているものをチェックすることもあり得るでしょう。最近の印刷検査装置では一般的なコピー用紙などの薄紙からボール紙などの厚手の物まで一様にチェックできる性能を持っています。業務の効率化をお考えの企業担当者の方は、ぜひ印刷検査装置の導入を検討してみてください。どの装置を購入すればよいか迷っているという場合は、まずは専門業者のホームページで、それぞれの機種の機能などを比較することから始めてみるのがおすすめです。

手間が省けてミスもなくせる印刷検査装置の強みとは?

印刷業を営む会社において、昨今導入が進んでいるのが印刷検査装置です。現在の生産ラインに印刷検査装置を搭載するだけで大きな効果をあげており、導入を検討する企業担当者様も増えています。では、どんな装置で、導入によりどんなメリットがあるのでしょうか。この装置の強みを知れば導入の判断もしやすくなりますから、詳しくご紹介していきます。
印刷検査装置の導入によりできることは、様々な印刷不良の自動チェックです。色むらや文字の欠けなど印刷により発生した不良個所は、従来より人の目で時間をかけて校正していました。時間も人手も掛けて行う必要がある工程で、ミスなく行うためには無理に作業効率をあげることができない事情がありました。しかし印刷検査装置は、目視による検査よりも校正の精度が高く、従来の発見ミスを防げるという強みがあります。
さらに自動でチェックできるため、スピーディーな検査も可能となります。作業効率が格段にアップする点でも、大きな強みがあります。また検査にかかる人手が必要なくなるため、経費削減に効果がある他、場合によっては手が足りない他の部分へ人手を回すことが可能になります。校正作業の効率化、印刷品質の向上などを一挙に解決できる点が印刷検査装置の強みです。

印刷検査装置導入により納品物の品質が高まり顧客満足を上げられます

印刷業界はデジタル化の波を受け変革が起きていますが、印刷物が無くなることはないため、今後は顧客に求められる企業体質を作っていく必要があります。その一例をあげれば、納品物の品質向上が課題となるでしょう。印刷工程は機械が自動で行っていますが、刷り上がったものを確認すると、文字が欠けている部分や色ムラなどが出てきます。
これは工程上仕方がないため、その校正検査を印刷工程の最終段階で行っています。今までは人がこの検査を担っていたため、どうしても見落としや発見できないような印刷不良が出てしまい、それが納品物の品質を下げる原因になっていました。印刷ミスが多いと、それを発見した顧客からクレームが入り、その後の受注に大きく影響します。このようなミスを失くして納品物の品質を上げるために役立つのが、印刷検査装置です。
印刷検査装置の導入により、校正検査は自動で行えるようになります。より精度が高い検査が可能になる点が印刷検査装置の強みで、細やかな印刷不良もしっかりチェックできるようになります。これにより納品物の品質がアップして、顧客満足度も高められるようになります。もちろん作業効率もアップして、人員手配の手間もなくなります。一石二鳥の印刷検査装置として、企業担当者様はぜひその導入を検討してみてください。

CONTENTS

RECENT ENTRY

RELATED SITES

Top